php 文字を出力してみよう
» STARTOUT詳細はこちら

WEBサービスづくり学習「STARTOUT」はじめました!

自分の「WEBサービス」を作りながら「制作技術」を習得しよう!

STARTOUTとは、WEB制作×サービス作りのオンライン実践学習サービスです。ゼロからWEBサービスを作り、収益化しながら技術を習得してみましょう!

 詳しくはこちら
ここでは「WEB制作×事業づくり実践学習サービス STARTOUT」の学習コンテンツの一部を公開しています。もし1,000以上あるすべてのコンテンツを学び尽くしたい場合、ぜひこちらからご登録ください!

文字を出力してみよう

php|2018年11月07日

2018年11月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

phpを動かすには、phpを動かす環境が必要です。

ただ、環境構築は、なかなか初心者にはハードルが高い作業です。
実際、ここで挫折する方も、たくさんいらっしゃいます。
いずれ必要があるにしろ、挫折するくらいなら後回しで良いです。

とは言っても、環境がなければphpは動きません。
どうやって環境を用意すれば良いのでしょうか。

実は、簡単にphpを動かす環境は借りることができます。

最も簡単なのは、サーバーをレンタルすることです。
サーバーとドメインを借り、WEBサイトを公開できるようにします。
サーバー上ならphpは動きますので、すぐに試すことが可能です。

公開の方法はこちらに書きましたので御覧ください。

何もしなければ、自分のパソコン上では動きません。
サーバー環境にアップロードすれば、phpは動きます。

環境構築で挫折するくらいであれば、サーバーを使ってください。
ひとまず動かせる方法に逃げて、動かしながら知識を増やしてみましょう。

そうして何度か挑戦しているうちに、ふと理解できるようになっています。
蓄積した知識やプログラミングへの慣れが蓄積されるためです。

問題なのが、環境構築で手間取って、ギブアップしてしまうことです。
ギブアップするくらいであれば、簡単な方法に逃げましょう。
難しくて心折れそうなら、別の理解できる方法で実現すればいいのです。

自分のやりたいことを実践しながら、少しずつ理解していきましょう。
どちらにせよ、諦めなければ、いずれ理解できるようになります。

様々な構築方法がありますので、ぜひ試してみてください。
(これから、STARTOUTでも特集していきます。)

phpってどんな言語?

では、はじめていきましょう。

PHPはバックエンド側のプログラミング言語です。
視覚的に動きをつけるというよりも、データを扱う方が専門です。

データベースを使ってデータを保存したり、分析したり、出力したり。
主にデータの扱いを中心とした言語です。

ショッピングサイトやブログ、SNSなどには、バックエンドの言語が必要不可欠です。
WEBサービスやWEBアプリを作るなら、絶対に習得している必要があります。
誰かに頼むことも出来ますが、やはり自分でやると開発速度が段違いに違います。

PHPは日本において、一般的なWEBサイト等に最も多く使われている言語の1つです。
フリーランスとして案件をとる時も、圧倒的にPHPの案件が多かったりします。

PHPが一般的なWEBサイトに多いのはWordPressの普及とも関連しています。
WordPressがPHPで出来ているために、関連性の高いPHPを学ぶ方も多いのです。
一般的なWBBサイト制作を行うのであれば、PHPでの開発がオススメです。

今回からPHPを進めていきます。
ぜひ習得して、ワクワクするようなWEBサービスを作りましょう!

ミッションの内容

今回のミッションはシンプルに文字の出力です。
一度、変数の中に文字を入れてから出力してみましょう。
下記のファイルを再現してみてください。

まず、ソースコードの解説を読み、自分自信で実装してみてください。
どうしても分からない場合は回答ファイルを参考にしましょう。

ソースコードの説明を下記に記載します。
まず一通り目を通して、同時に自分のエディタで試してみてください。

ソースコードの解説

phpは「.phpファイル」でしか動きません。
ですので、まず.phpファイルを作る必要があります。

といっても、そう難しいことは無く「拡張子をphpにするだけ」です。
例えばindex.htmlというファイルがあればindex.phpに変えましょう。
それでphpファイルの出来上がりです。

上記のように、htmlのファイルの拡張子をそのまま変えても問題ありません。
phpファイルの中でも、htmlを同じように書けるからです。
それではさっそく、今回のコードを見ていきましょう。

<?php
    //変数の中に文字を入れます。
    //phpでは変数の頭に$がつきます。
    //変数の名前は半角英数字で自由につけることができます。
    $showwords = "phpからこんにちは。";
    //echoは書き出すための記述です。
    //変数の他に""で文字を囲めば直接文字も書き出せます
    echo $showwords;
?>

phpを書く時は、まず<?php  〜〜〜 ?>でソースコードを囲ってください。
それだけで、phpを書くことができます。

まず、変数に「phpからこんにちは。」という言葉を入れましょう。
変数とは数字や文字など、データを一時的に入れておくための箱です。
頭に$をつけることで、単なる文字列が変数を意味するようになります。

今回の場合は$showwordsという変数名をつけました。
変数名は、特に決まりはなく、自由に変更することが可能です。

$showwordsに言葉を入れたら、今度は変数の中身を出力してみます。
出力と言っても、そう難しいことではありません。
$showwordsの手前にechoをつけることで、文字が出力されます。

ちなみに今回は勉強のため、文字を変数に入れてechoしました。
しかし、本当は変数に入れなくても直接、文字をechoすれば出力できます。

<?php
echo "phpからこんにちは。";
?>

文字を直接出力したい場合は”phpからこんにちは。”というように書きます。
文字列をダブルクオーテーションで囲んでください。

ひとまず、これでphpを動かすことができました。
次回はよりプログラミングらしい「if文」について進めていきます。

WEBサービスづくり学習「STARTOUT」はじめました!

自分の「WEBサービス」を作りながら「制作技術」を習得しよう!

STARTOUTとは、WEB制作×サービス作りのオンライン実践学習サービスです。ゼロからWEBサービスを作り、収益化しながら技術を習得してみましょう!

 詳細はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウエヤマ ショウタ

BASE.91とWORKROOM@セブ立ちあげました。誰もが「独学」でプロになれる仕組みを作る。現役WEBデザイナーでエンジニア。起業好き。IT留学事業を売却後、シリコンバレーで起業を学び、起業家&クリエイター育成活動開始。経験をシェアしてます。独学で収益化したスキル : デザイン、プログラミング、起業、マーケ、英語

ウエヤマ ショウタ

BASE.91とWORKROOM@セブ立ちあげました。誰もが「独学」でプロになれる仕組みを作る。現役WEBデザイナーでエンジニア。起業好き。IT留学事業を売却後、シリコンバレーで起業を学び、起業家&クリエイター育成活動開始。経験をシェアしてます。独学で収益化したスキル : デザイン、プログラミング、起業、マーケ、英語

WEBサービスづくり学習「STARTOUT」はじめました!

自分の「WEBサービス」を作りながら「制作技術」を習得しよう!

STARTOUTとは、WEB制作×サービス作りのオンライン実践学習サービスです。ゼロからWEBサービスを作り、収益化しながら技術を習得してみましょう!

 詳しくはこちら