sales LINE@やメールを活用しよう
» STARTOUT詳細はこちら

WEBサービスづくり学習「STARTOUT」はじめました!

自分の「WEBサービス」を作りながら「制作技術」を習得しよう!

STARTOUTとは、WEB制作×サービス作りのオンライン実践学習サービスです。ゼロからWEBサービスを作り、収益化しながら技術を習得してみましょう!

 詳しくはこちら
ここでは「WEB制作×事業づくり実践学習サービス STARTOUT」の学習コンテンツの一部を公開しています。もし1,000以上あるすべてのコンテンツを学び尽くしたい場合、ぜひこちらからご登録ください!

LINE@やメールを活用しよう

仕事を取る|2019年04月09日

2019年04月09日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSである程度フォロワー数が集まってきたら、LINE@やメールを使いましょう。
Twitterやブログから、LINE@やメールマガジンへの登録を促すのです。
すると、より受注確度の高い見込み顧客が抽出できるでしょう。

では、見込み顧客を集めて、どうするのか。
次にすべきことは「直接会う機会を作る」ことです。
直接会うことが出来れば、一気に受注まで距離を縮められます。

オンラインのみで発注を決めるのは、なかなか難しいものです。
相手の人間性もよくわかりませんし、実力が本物なのかもわかりません。
しかし、直接会えば、一気に依頼しやすくなります。

では、どうやって会えば良いのでしょう。

講座や相談会を開こう

効果的なのは、限定セミナーや、WEBサイト相談会です。
まずは知識を提供できる場から直接「会う」ことが大事です。

セミナー、講座、相談会では、なるべく課金し少人数で行いましょう。
自分の人件費を回収できる分は課金をおすすめします。

また、お金を支払わず、タダのりしようとする客にロクな客はいません。
価値を提供してもらえたなら、その分の価値を返したいと思うのが普通です。
そう考えない人であれば、仕事をしたとしても良いお金にはなりません。

どうしても集められない時だけ「無料」を活用しましょう。
または、無料でも獲得できる自信がある場合です。

一度、見込み顧客と会ってしまえば、受注までもう少しです。
特に課金形式で集められた場合では、それだけで収入になります。
どんどん「会う機会」を提供していきましょう。

しかし、見込み客とは言え、登録してすぐ参加してくれるわけではありません。
LINE@やメールを駆使して見込み顧客を育成してから、やっと行動してくれます。
では、どのように見込み顧客を育成していけば良いのでしょうか。

LINE@やメールでは見込み顧客育成を

基本的、顧客は「育成」なしには、ほとんど何も購入しません。
では、顧客の育成とは何でしょうか。
マーケティングを学んだ方は、把握されているかもしれませんね。

基本的に顧客育成はAIDMA理論を最初はベースに進めます。
AIDMAとは顧客が購買に至るまでの状況変化をまとめたものです。
最もシンプルで、理解しやすい理論と言えるでしょう。
ざっくり、AIDMAについてご説明させて頂きます。

ATTENTION ( 注意 ) :

まず何かを購入する前に、人は対象の商品に注目します。
商品ではなく、開発者かもしれませんし、周辺の何かかもしれません。
ひとまず、見込み顧客の視点をこちらに向けます。

INTEREST ( 興味 ) :

次に、商品またはその周辺の何かに対し、興味を持ち始めます。
少しずつファン化してきていると言っても良いでしょう。
ただ、まだ購入するまで意識は高まっていません。

DESIRE ( 欲求 ) :

興味を持ったら、今度は欲求を引き出していきます。
まだ購入する決断には至っていませんが、気になっている段階です。
欲しいと熱望するほどではありません。
欲求段階ですべきことは、ニーズを刺激していくことです。

MEMORY ( 記憶 ) :

商品の記憶に深く刻み込んでいきましょう。
商品の良さを具体的にしはじめても良い段階に近づいてきました。
記憶してもらうことで、商品への欲求を引き出していきます。

ACTION ( 行動 ) :

いよいよ、購入段階になりました。
実際に購入の機会を提供していきましょう。
どんどん商品の魅力も伝えていってください。

こうした段階を踏むのが顧客心理の基本であり、AIDMAと呼ばれます。
AIDMAの流れを辿ってもらうように、メッセージを配信していくのです。

注意を引くためにはどうすればいいか。
興味を引くためにはどうすべきか。
欲求を引き出すにはどうすべきか。
記憶に刻み込むには何をすべきか。
行動を起こしてもらうには、どうすればよいか。

以上の流れに沿って、それぞれ配信する情報を作ってみましょう。
そして順番に配信していくことで、行動へとひきつけていきます。

焦らず時間をかけてじっくり

見込み顧客育成で、よくあるパターンが、時間が足りないということです。
売上を焦るあまり、顧客が成長しきらないうちに、購入を進めてしまう。

タイミングを間違えると、一気に信頼感を失ってしまいます。
地道に積み重ねてきても、タイミングが不十分であれば、すべて壊れます。
基本的に人は宣伝を好みません。
気持ちが整っていないうちに宣伝しても、結局身にはならないでしょう。

反対に、おそすぎてもだめです。
十分興味を持っていて、購入する気もある。
ところが、いつまで立っても購入できない。
せっかく高めた購入熱が冷めてしまいます。

では、一体、どれくらいのタイミングがちょうど良いのでしょう。

個人的な感覚としては、1ヶ月〜1ヶ月半です。
週に1〜2回メッセージを送って、顧客育成を進めていきます。
またSNSやブログも併用して育成を進めていきましょう。

1週間目は注意を引くこと。
2週間目は興味を引くこと。
3週間目は欲求を引き出すこと。
4週間目は記憶してもらうこと。
そして5週目に購入してもらう。

このような流れで進めていくことができます。
おそすぎても、早すぎてもいけません。
見込み顧客の反応を観察しながら、タイミングを見定めましょう。

WEBサービスづくり学習「STARTOUT」はじめました!

自分の「WEBサービス」を作りながら「制作技術」を習得しよう!

STARTOUTとは、WEB制作×サービス作りのオンライン実践学習サービスです。ゼロからWEBサービスを作り、収益化しながら技術を習得してみましょう!

 詳細はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウエヤマ ショウタ

BASE.91とWORKROOM@セブ立ちあげました。誰もが「独学」でプロになれる仕組みを作る。現役WEBデザイナーでエンジニア。起業好き。IT留学事業を売却後、シリコンバレーで起業を学び、起業家&クリエイター育成活動開始。経験をシェアしてます。独学で収益化したスキル : デザイン、プログラミング、起業、マーケ、英語

ウエヤマ ショウタ

BASE.91とWORKROOM@セブ立ちあげました。誰もが「独学」でプロになれる仕組みを作る。現役WEBデザイナーでエンジニア。起業好き。IT留学事業を売却後、シリコンバレーで起業を学び、起業家&クリエイター育成活動開始。経験をシェアしてます。独学で収益化したスキル : デザイン、プログラミング、起業、マーケ、英語

WEBサービスづくり学習「STARTOUT」はじめました!

自分の「WEBサービス」を作りながら「制作技術」を習得しよう!

STARTOUTとは、WEB制作×サービス作りのオンライン実践学習サービスです。ゼロからWEBサービスを作り、収益化しながら技術を習得してみましょう!

 詳しくはこちら