» BASE91詳細はこちら

WEBサービスづくり学習「STARTOUT」はじめました!

自分の「WEBサービス」を作りながら「制作技術」を習得しよう!

STARTOUTとは、WEB制作×サービス作りのオンライン実践学習サービスです。ゼロからWEBサービスを作り、収益化しながら技術を習得してみましょう!

 詳しくはこちら

テキストエディタって何がいいの? オススメはこれだ!

HTML×CSS|2018年10月14日

2018年10月14日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HTMLやCSS、JavaScriptやPHP、そしてRuby。
プログラミングには様々な言語があります。

では実際、それらの言語はどんなツールを使って書いていけば良いのでしょうか。

macやwindowsについているテキストエディタ?
いえいえ、それでは十分に書くことはできません。
というより、プログラム自体が満足に動かない可能性もあります。

プログラミングを書く時には、専用のエディタを使って始めてしっかり書けるのです。
しかも、無料の高性能のエディタは今、たくさん配信されています。

今回は、その中でおすすめのエディタをご紹介します。
プログラミングを始める前にダウンロードしておいてくださいね。

サブライムテキスト

無料エディタの王道中の王道ですね。
とにかく動作が軽いのが特徴。

また、ソースを編集中に「落ちた」としても、次回開いた時は落ちた時の画面で表示されます。
自動保存されているので、何かのはずみにフリーズしたり落ちたりしても安心です。
プラグインも豊富で、機能拡張も可能です。

ただ、日本語検索が上手くできません。
サブライムテキストの欠点と言えるでしょうか。

使いやすく分かりやすいので、初心者さんにはオススメの1つです。

ダウンロードはこちらから
https://www.sublimetext.com/

atom

こちらも王道中の王道ですね。

エンジニアなら誰もが使うGitHubが作ったエディタ。
GitHubはマイクロソフトに買収されましたが、未だに注目度も高いです。
プラグインも多く、機能拡張も便利ですね。
また、サブライムテキストと違い、日本語検索もスムーズです。

デザインも細部までこだわっていて、定評があります。
UIのデザインにこだわりがある人にもおすすめです。
テーマも豊富でクールですね。

ただ、致命的なのが動作が遅いことです。
プログラムを書いていく上で、これは頭の痛い問題です。
動きという点においては、他のエディタの方がが高速です。

ダウンロードはこちらから
https://atom.io/

Visual Studio Code

実際、一番人気が出てきているエディタかもしれません。

マイクロソフトが開発したエディタで、たくさんの言語に対応しています。
しかも、軽量で快適に動作します。

何より、ブラウザ上で動作するバージョンが発表されました。
エディタをデバイスにインストールする必要さえありません。
もちろん、iPad等でも動作する、ということです。
リモートで作業することも、当然、可能です。

こうしたクラウド化が進むことで、より利便性が上がります。
他のエディタと比べて、一歩先に出たエディタではないでしょうか。

ただ、機能が多いために初心者には手をつけづらいかも知れません。
まず他のエディタで始めて、いずれVS Codeに移動という道もあります。

何はともあれ、一度、使っておいて損は無いエディタです。

Visual Studio Code
https://azure.microsoft.com/ja-jp/products/visual-studio-code/

coda2

筆者はずっとcoda2を使っています。
ただ、こちらは有料エディタなんですよね。

ポイントとしては、動作が高速で日本語対応。
そして、サーバーに接続するFTPソフトと一体化しているところです。
他のエディタだと、別のFTPソフトと連動させる必要がありますので。
FTPの管理も直感的でしやすいです。

ターミナルやMySqlのクライアント機能などもついています。
多機能で、かつ高速なんですね。

もちろん、他のプラグインも導入しやすいです。
有料ですが、非常に機能的でおすすめです。

ただ、残念ながらmacのみに対応したエディタなんです。
macをお使いであれば、ぜひ、使ってみてください。

Coda2
https://panic.com/jp/coda/

結局どれを使えばいいの?

今回は初学者さんが多い、というポイントで考えてみます。

個人的におすすめするのは、現時点ではatomを推奨します。
単純にSTARTOUTの解説でatomとCoda2が主に使われているからです。
Coda2は有料なので、atomをおすすめします。

ただ、STARTOUTでは1つのエディタに絞って説明はしていません。

atomを使うこともあれば、Coda2を使うこともあります。
もちろん、Visual Studio Codeを使うこともあるでしょう。

エディタは個人によって、好みが異なります。

1つのエディタに固執することなく、調べて使えるようにする。
どんなツールの解説でも自分の環境に応用できる。

応用力を鍛える前提で、解説を進めています。

また、時代の変化によって、おすすめのエディタも変わります。
STARTOUTも時代に合わせて変化していく予定です。

ひとまずSTARTOUTで学ぶ方には、現時点ではatomをおすすめします。
最終的には自分で使ってみて、使いやすい方を選ぶと良いですね。

WEBサービスづくり学習「STARTOUT」はじめました!

自分の「WEBサービス」を作りながら「制作技術」を習得しよう!

STARTOUTとは、WEB制作×サービス作りのオンライン実践学習サービスです。ゼロからWEBサービスを作り、収益化しながら技術を習得してみましょう!

 詳細はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウエヤマ ショウタ

BASE.91とWORKROOM@セブ立ちあげました。誰もが「独学」でプロになれる仕組みを作る。現役WEBデザイナーでエンジニア。起業好き。IT留学事業を売却後、シリコンバレーで起業を学び、起業家&クリエイター育成活動開始。経験をシェアしてます。独学で収益化したスキル : デザイン、プログラミング、起業、マーケ、英語

ウエヤマ ショウタ

BASE.91とWORKROOM@セブ立ちあげました。誰もが「独学」でプロになれる仕組みを作る。現役WEBデザイナーでエンジニア。起業好き。IT留学事業を売却後、シリコンバレーで起業を学び、起業家&クリエイター育成活動開始。経験をシェアしてます。独学で収益化したスキル : デザイン、プログラミング、起業、マーケ、英語

WEBサービスづくり学習「STARTOUT」はじめました!

自分の「WEBサービス」を作りながら「制作技術」を習得しよう!

STARTOUTとは、WEB制作×サービス作りのオンライン実践学習サービスです。ゼロからWEBサービスを作り、収益化しながら技術を習得してみましょう!

 詳しくはこちら