knowledge ZIPファイルって何? どうやって使うの?
» STARTOUT詳細はこちら

WEBサービスづくり学習「STARTOUT」はじめました!

自分の「WEBサービス」を作りながら「制作技術」を習得しよう!

STARTOUTとは、WEB制作×サービス作りのオンライン実践学習サービスです。ゼロからWEBサービスを作り、収益化しながら技術を習得してみましょう!

 詳しくはこちら
ここでは「WEB制作×事業づくり実践学習サービス STARTOUT」の学習コンテンツの一部を公開しています。もし1,000以上あるすべてのコンテンツを学び尽くしたい場合、ぜひこちらからご登録ください!

ZIPファイルって何? どうやって使うの?

知識と経験|2018年10月15日

2018年10月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

zipファイルとは、ファイルやフォルダを圧縮したものです。

例えば、フォルダごと誰かにデータを渡そうとしても、そのままだと渡せません。
基本的にファイルの形でしか、データを送ることはできないのです。

だからこそ、フォルダを一旦「圧縮」し、ファイルにします。
すると、簡単にファイルとして送信できるようになります。
圧縮した後の形式が、zipと呼ばれるファイルなのです。

圧縮形式はzipの他にいくつかあります。
rarやlzhなんていう形式もあります。
それぞれ圧縮の方法に細かい差があるようですが、普通に使う分にはわかりません。
なお、圧縮と呼ばれるだけあって、大抵は圧縮後のファイルサイズは縮小されます。

現在、メインで使われることが多い形式がzipです。

では、どうやってzipファイルを使えば良いのでしょうか。
まずはフォルダを圧縮する方法についてご説明いたします。

下記はmacの場合ですが、windowsの場合もほぼ同じはずです。

圧縮したいフォルダの上で、右クリックを押しましょう。
macであればcontrolクリックでも上記windowが開きます。
そして、圧縮を押します。
windowsであれば送信という項目から圧縮できるはずです。

すると、こんな感じでzipファイルが誕生します。
これでzipによる圧縮は完了します。

zipを始めとする圧縮ファイルは、解凍ソフトによって解凍できます。

macであれば「mac zip 解凍ソフト」などで検索してみてください。
有名どころで言えば、StuffIt Expanderなどですね。

windowsであれば「windows zip 解凍ソフト」などで検索してみましょう。
Lhaplusがもっともメジャーな回答ソフトの1つでしょうか。
無料で様々なツールが見つかるはずです。

macとwindows間でzipファイルをやりとりするとき、1つ、注意点があります。
macでファイルをzipに圧縮し、windowsで解凍すると、余分なファイルが追加されるのです。

「__MACOSX」というフォルダと「.DS_Store」というファイルです。
この2つのファイルは特に何の意味もありません。
紛らわしいので、開いて消してしまっても大丈夫です。

上記だけ気をつければ、基本的に使いやすい圧縮形式となります。
ファイルの圧縮や解凍は、常に使われるので、覚えておきましょう。

WEBサービスづくり学習「STARTOUT」はじめました!

自分の「WEBサービス」を作りながら「制作技術」を習得しよう!

STARTOUTとは、WEB制作×サービス作りのオンライン実践学習サービスです。ゼロからWEBサービスを作り、収益化しながら技術を習得してみましょう!

 詳細はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウエヤマ ショウタ

BASE.91とWORKROOM@セブ立ちあげました。誰もが「独学」でプロになれる仕組みを作る。現役WEBデザイナーでエンジニア。起業好き。IT留学事業を売却後、シリコンバレーで起業を学び、起業家&クリエイター育成活動開始。経験をシェアしてます。独学で収益化したスキル : デザイン、プログラミング、起業、マーケ、英語

ウエヤマ ショウタ

BASE.91とWORKROOM@セブ立ちあげました。誰もが「独学」でプロになれる仕組みを作る。現役WEBデザイナーでエンジニア。起業好き。IT留学事業を売却後、シリコンバレーで起業を学び、起業家&クリエイター育成活動開始。経験をシェアしてます。独学で収益化したスキル : デザイン、プログラミング、起業、マーケ、英語

WEBサービスづくり学習「STARTOUT」はじめました!

自分の「WEBサービス」を作りながら「制作技術」を習得しよう!

STARTOUTとは、WEB制作×サービス作りのオンライン実践学習サービスです。ゼロからWEBサービスを作り、収益化しながら技術を習得してみましょう!

 詳しくはこちら