» BASE91詳細はこちら

WEBサービスづくり学習「STARTOUT」はじめました!

自分の「WEBサービス」を作りながら「制作技術」を習得しよう!

STARTOUTとは、WEB制作×サービス作りのオンライン実践学習サービスです。ゼロからWEBサービスを作り、収益化しながら技術を習得してみましょう!

 詳しくはこちら

WEBサイトをインターネット上に公開する方法

知識と経験|2018年03月20日

2018年03月20日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はWEBサイトを作ったあと、どうやって公開するかの流れと方法をお伝えします。
公開とは、URLをクリックして、WEBサイトを表示させることを意味しています。

ほとんどの方は、ご自身のパソコンやMacで開発されているのではないでしょうか。
しかし、そのままだとWEBサイトは誰にも見てもらえません。
自分の環境でしか見れない状態になっています。

では、どうやって、URLを叩いてWEBサイトが表示されるようになるのでしょう。
それには、これからご説明する3つの工程をたどる必要があります。

今回の内容を参考に、ぜひご自身のWEBサイトを公開してみましょう。

レンタルサーバーを借りよう

まず、WEBサイトを公開するためのサーバーを借りなければなりません。
サーバーとは、データの倉庫みたいなものです。

自分のパソコンは基本的に、外部からアクセスできません。
たやすくアクセスできたら、あらゆるデータが抜き放題です。

それは、さすがに怖いですよね。

もちろん、URLを通じて自分のパソコンが見られることもありません。
だからこそ「公開可能な場所」にデータを置いておく必要があります。

それがサーバーなのです。
サーバーに入れたデータであればURL経由でアクセスできます。
URLでアクセスしてもいいよ、という許可を持っているのです。

まず、データを自分のパソコンから、サーバー(倉庫)に入れます。
この作業を基本的に、アップロードと読んでいます。

では、サーバーとはどうやって使えるようになるのでしょうか。
詳しい方法については、下記の記事にまとめました。
ぜひ、参考にしてサーバーをレンタルしてみてください。

レンタルサーバーって何? 初心者へのオススメはこれ!
https://startout.work/single_pc_web.php?id=177&cat=knowledge

サーバーを借りたら、ファイルをアップロードしてみましょう。
ファイルのアップロードはFTPソフトというツールを使います。

FTPソフトを使ってデータをアップロードしてみよう

FTPソフトとは、サーバーと自分のパソコンをつなげる「どこでもドア」です。
FTPソフトを通じて、自分のパソコンからサーバーにデータを送り込めます。

例えば、自分の家に、ある魔法の箱があったとします。

その箱の中に物を入れると、直接、他の倉庫に転送されるとしたら。
そして、いつでも倉庫に預けた荷物を、箱を通じて取り出せるとしたら。

すごく便利ですよね。

この便利な魔法の箱が、FTPソフトです。
FTPソフトは、与えられたIDとパスワードがあれば使うことができます。

FTPソフトは基本的に無料で提供されています。
開発自体は寄付で行われている場合が多いんですね。

有名所ではサイバーダックやFFFTPと呼ばれるツールがあります。
それぞれ、無料でダウンロードして使うことができるのです。

では、具体的にどうやって使えば良いのでしょうか。
FTPソフトの具体的な使い方は、下記の記事にまとめました。

今覚える! FTPソフトを使ってWEBサイトを公開する方法
https://startout.work/single_pc_web.php?id=211&cat=knowledge

今回の記事では「サーバーから提供されるテスト用ドメイン」を使っています。
サーバーをレンタルすると、最初にテストのためのドメインが提供されるのです。
テスト用ドメインで実際にWEBサイトが見られるよう、アップしています。

しかし、多くの場合、公開時には「オリジナルのドメイン」を取得します。
サービス名や屋号、名前などでstartout.workのようなドメインを取得するのです。

サーバーから提供されたテスト用ドメインで公開することは、ほぼありません。

では、どうやってオリジナルドメインを取得するのでしょうか。
また、どうすればオリジナルドメインでWEBサイトを公開できるのでしょう。
順番に進めていきましょう。

ドメインを取得しサーバーとつなげてみよう。

ドメインは、WEBサイトの住所のようなものです。
では、どうやってドメインは取得できるのでしょう。

ドメインには、取得のためのサービスが存在しています。
僕たちは、ドメイン取得サービスを使ってドメインを取得できるのです。

有名どころでは、お名前ドットコムやムームードメインでしょうか。
サーバーに付随してドメイン取得サービスがある場合もあります。

こうしたドメイン取得サービスを使ってドメインを手に入れます。

ドメインを手に入れたら、今度はサーバーとつなぎます。
このサーバーのデータを表示してね、と設定するのです。
対象のサーバーを教えてあげなければ、ドメインはどこにも繋がりません。

また、サーバーでも「このドメインを受け入れてね」と設定する必要があります。
サーバーとドメイン、双方に互いの情報を設定し、はじめて繋がります。
これでようやく、オリジナルドメインからWEBサイトを閲覧可能になるのです。

具体的なドメイン取得および公開方法は下記で紹介しています。
ぜひ、参考にしながらオリジナルドメインでWEBサイトを公開してみましょう。

ドメインって何? WEBサイトを表示するには?
https://startout.work/single_pc_web.php?id=215&cat=knowledge

これで、WEBサイトも公開完了となります。

サーバーとドメインを取得し互いの情報を設定する。
FTPソフトを通じてデータをアップロードする。

こうして実践してみると長く感じますが、慣れの問題です。
慣れてしまえば、そこまで時間がかかる作業ではありません。

サーバーとドメインは、そう何度も借りるものではありません。
しかし、仕事として知っておく必要のあるものです。
ご自身で複数サイトを作ったりして、何度か経験しておきましょう。

WEBサービスづくり学習「STARTOUT」はじめました!

自分の「WEBサービス」を作りながら「制作技術」を習得しよう!

STARTOUTとは、WEB制作×サービス作りのオンライン実践学習サービスです。ゼロからWEBサービスを作り、収益化しながら技術を習得してみましょう!

 詳細はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウエヤマ ショウタ

BASE.91とWORKROOM@セブ立ちあげました。誰もが「独学」でプロになれる仕組みを作る。現役WEBデザイナーでエンジニア。起業好き。IT留学事業を売却後、シリコンバレーで起業を学び、起業家&クリエイター育成活動開始。経験をシェアしてます。独学で収益化したスキル : デザイン、プログラミング、起業、マーケ、英語

ウエヤマ ショウタ

BASE.91とWORKROOM@セブ立ちあげました。誰もが「独学」でプロになれる仕組みを作る。現役WEBデザイナーでエンジニア。起業好き。IT留学事業を売却後、シリコンバレーで起業を学び、起業家&クリエイター育成活動開始。経験をシェアしてます。独学で収益化したスキル : デザイン、プログラミング、起業、マーケ、英語

WEBサービスづくり学習「STARTOUT」はじめました!

自分の「WEBサービス」を作りながら「制作技術」を習得しよう!

STARTOUTとは、WEB制作×サービス作りのオンライン実践学習サービスです。ゼロからWEBサービスを作り、収益化しながら技術を習得してみましょう!

 詳しくはこちら